フリーランスの心構え

Webエンジニアで独立を目指す際、フリーランスとして継続して仕事を続けていくために重要な心構えがあります。
職務遂行能力や自己管理能力が必要なのは当然ですが、それ以外にも「一人で全部しようとしないこと」と「仲間を作ること」が重要です。
まず、IT関係では様々な職種があって、それぞれが自分の専門分野で仕事をしています。
能力が高い人でも、いくつもの職種を掛け持ちすることは時間的にも能力的にも厳しいです。
新しい分野に挑戦することは大切ですが、まずは自分の専門分野を決め、それにしっかり取り組むことが大切です。
そして、自分の専門分野外の力が必要になった場合には、専門で行っている人に依頼します。
もちろん全体で赤字になってはいけないので、コストも考えなければなりません。
しかし、全部一人で行おうとすると時間が足らなくなり、体を壊すなど問題も起きて結局はマイナスになります。
赤字にならない範囲でなら、誰か人を雇う必要もあります。
また、フリーランスで働いていると孤独感が強くなってしまい、精神的に不安定になる人が出てきます。
それを防ぐためには、フリーランス仲間を作ることが大切です。
同じような環境だからこそ、大変な時や苦しいことも理解できて共感することができます。
情報の交換もできて、自分はフリーランスという職業をしていると再認識できるのです。
Webエンジニアで独立を目指す人は、高い知識や技術があって意欲もある人が多いです。
そういう人ほど一人で全部やろうとしたり、仲間を探したりしない傾向があります。
しかし、フリーランスを継続していくには、他の人と一緒に仕事をしたり仲間を作ることが重要です。